鰹削り

金額 : 600円

内容量 : 100g、 賞味期限 : 1年

和食の基本中の基本とも言うべきかつおだしは、
どのようなお料理にも適した香りと旨みを兼ね備えたおだしです。



注文数


 お料理レシピ

カツオだしのとり方
 材料 鰹削り 30g
 水 1L

 一番だしのとり方

 @鍋に水1Lを入れ、火に掛けます
  湯が沸騰する直前に
  鰹削り30gを入れ2〜3分煮出します。

 A火を止め、鰹削りが沈んだら、
  キッチンペーパー等でこします

 *ポイント*

 ※鰹削りがなかなか沈まないようでも、
   火を止めた後
   1分位したらこしてください

 ※二番だしを取る場合は、
   上記@の時に煮出しは1分ほどで
   火を止めて、こしてください


 二番だしのとり方

 @鰹削りを水から入れて火に掛けて
  コトコト煮出します

  *この時の鰹削りは一般的に、
   一度取りおわった鰹削り
 (上記@〜Aの工程を経て
  こした状態の鰹削り)を使います

 A追い鰹として少量の鰹削りを足します


 基本的なおだしのとり方

《材料》  水 1L : 削り節 片手ひと摘み

《取り方》


  1.鍋に1リットルの水を入れ火にかけます。

  2.沸騰したら100ccほどの差し水をし、
    片手ひと摘みの削り節を入れます。

  3.再沸騰したら火を止め、削り節が沈んだら
    静かに取り出します。


 おだし風味の麺

 追い鰹を入れないで水からコトコト煮出した
 おだしで、お好みの麺を茹でます。

 残りもののおだしでも、そのおだしの風味を
 含んだ麺は、とっても美味しいです。

  お料理豆知識

 お味噌汁を作るから、おだしを…煮物をするから
 おだしを…と、調理するたびに少ない人数分の
 だしを引くのは面倒になるので
 何回分かまとめて取ったダシを冷蔵庫で
 保存しておくと便利です。

 和え物や炒め物に加えたり、
 餃子や焼きそば・目玉焼きを焼く時に、
 水の代わりにダシで蒸し焼きにしたり、
 少量のダシが加わることで風味がよくなりますし
 塩分も控えられます。

 ダシを製氷皿で凍らせてキューブにして
 おくのもいいですし、ほんのちょっとだけ残った
 おだしでも こまめに冷凍しておけば
 いざっという時に 結構重宝しますよ。






  






  copyright(C) 2007-2015 odashi-koubou allrights reserved